YouTuberという生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

YouTuberをやってて何が悪いのか

 

昨今、 “YouTuber” という言葉が世間でも認知度をあげてきて

たまにニュースだったり、ワイドショーだったり取り上げられてるのを見ますが、かなり批判的な意見が多いように思えます。

 

よくある批判1

ちゃんとした職業に就けばいいのに

ちゃんとした職業”  とはいったい何なのか。

とりあえず出社してデスクに座って大して頭も使わずにルーティンワークをする事がそうなのか、

はたまた上司に媚を売って大したスキルも身に付かないまま出世を目指す事がそうなのか、

そもそも批判が抽象的過ぎて話にならないですよね。

 

よくある批判2

将来はどうするのか。

こんなのはYouTuberに限らず誰でも言える事なんですが、どんな仕事をしてても職を失い、収入が無くなる可能性は付き纏います。

また、このような批判の裏には  “YouTuberなんて流行が終わればアウトじゃないか” ということも含んでるかと思うのですが、

特にトップのYouTuberに関しては、人気がピークのうちに一般的な生涯賃金額を稼ぐ事も十分可能でしょう。また、それほど絶大な人気の無いYouTuberに関しても、何か別の仕事をやりながら副業としてやったりするなど、リスクマネジメントをしている方も多いです。

 

 

 

などなど、、

 

ちなみに自分はYouTuberではないのですが、彼らはホント凄いなーと思います。

動画のコンテンツのクリエイティビティはもちろんなのですが、華やかなコンテンツの裏側には当然、骨が折れる編集作業も発生しますし、地道な努力の積み重ねだと思います。

そういった事も創造出来ずに、”楽して金稼いでる” だとか、”あんなの職業とは言えない” だとか言うのは非常にデリカシーの無い中傷だと思います。

 

どうして日本ってこう、なんというか考え方が凝り固まってしまっている方が多いんでしょうね。

時代が変わり、テクノロジーが発展すれば当然ですが新しい価値が生まれ、その価値を生み出すクリエイターが生まれて、それが職業の一つになるのは自然な事だと思うんですが、なんで頑なに受け入れようとしないのか、、

 

 

YouTuberに限らずですが、もっと個々人の生き方や価値観を尊重し合えるような社会になっていって欲しいと切に思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。