ウォークマンの音がモノラルに!?ジョイントステレオの罠。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ジョイントステレオというのは皆さまご存じでしょうか?

自分は知りませんでした。

おそらく一般ピーポーだと、モノラルは1チャンネル、ステレオは2チャンネルくらいの認識くらいかと思います。

自分もそうです。

 

しかし、実はステレオ・・・特にPCとかでエンコードする場合などに、ステレオには通常ともう1種類、ジョイントステレオというのがあるんです。(エンコーダーによって異なる??)

 

0915_1

iTunesですと、こんな具合に。

 

で、通常のステレオとの違いは何かというと。

 

音楽ファイルの音質を示すステータスとして、ビットレートというものがあります。

例えば、ビットレート 128kbps のステレオファイルの場合、

左右2チャンネル、それぞれが64kbpsずつ、その合計としてビットレート128kbpsのステレオオーディオファイルになっています。

これが通常のステレオファイル。

 

その一方、ジョイントステレオはというと、左右のチャンネルに必ずしも50%ずつビットレートが振られるわけではなく、左右のチャンネルに効率よく必要な情報を割り当て、結果として、左チャンネルが60kbps、右チャンネルが68kbps、というように、左右それぞれのチャンネルのビットレートが異なるようです。

その結果、通常のステレオと比して、低いビットレートでも音質が良くなるそうです。

CBR(固定ビットレート)とVBR(可変ビットレート)の関係に似てますね。

 

 

以上がジョイントステレオの解説です。

 

で、本題です。何が”ジョイントステレオの罠”なのかというと・・・

 

なぜか自分が所持しているウォークマン、NW-A16 という機種ではジョイントステレオのファイルを再生する時、完全なモノラルで再生されてしまうんです!

 

ウォークマンに入っているオーディオファイルを洗いざらい調べ上げて判明した事実ですが・・・

これが果たして自分の端末固有の欠陥なのか、はたまたウォークマン全体の仕様なのか、真相は謎ですが、、

もし、自分と同じく、ステレオファイルがなぜかモノラルで再生されてしまうという現象に陥っている方がいらっしゃれば、

一度、ステレオ形式がジョイントステレオでないか、確かめてみてください。

その場合、通常のステレオ形式にエンコードすることで直る場合があります。

 

0915_2

iTunesなんだと、曲名を左クリックして、プロパティ表示、ファイルタブから確認することが出来ます。

 

また、ジョイントステレオでも問題なく再生できるものもありました。

エンコードに使ったソフト、その他の設定など、色々な条件が複合して発生している不具合なのかもしれません。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。