ライブの楽しみ方は人それぞれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20160917

ライブの楽しみ方って人それぞれですよね。

だからこそ、バンドマンのライブパフォーマンスは難しいと思うんです。

 

棒立ちでしっとり音楽を楽しみたい人もいれば、
頭をがんがん振りたい人もいる、
拳を突き上げたい人もいる、
モッシュしたい人もいる、
最前でとにかくメンバーに近づきたい人もいる。

とにかく多種多様です。
特にアマチュアのブッキングライブのように多種多様なバンド、リスナーが集まるライブだと…

 

例えば、、、

基本的にバンドのメンバーは客を煽ったりせず、お客さんに自由な楽しみ方を提供したいっていうスタイルのバンドの場合。

こういうバンドのライブだと、先で述べた、棒立ちで楽しみたい人なんかはすごい居心地が良いと思うんです。
その一方で、拳を突き上げたい人や、頭をガンガン振りたい、ライブでの一体感を楽しみたい人たちにとっては、ちょっと物足りないと感じてしまう人も中にはいるはず。

だからと言ってじゃあガンガン煽って客をノらせようっていうスタンスにしてしまうと、今度はその棒立ちで楽しみたい人にとっては少々居心地の悪い空間を作ってしまうことになると思うんですよね。

そう考えると、バンドのパフォーマンスとしてはどうするのが正解なのかな、と悩んでしまうわけです。

もちろんバンドの方向性にもよるのですが。。。

 

見に来たお客さん全員に満足のいく充実した時間を提供するにはどうすればいいのか。

バンドマンとして永遠の悩みであります。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。