履歴書は手書きかPC入力かなんてどっちでもいいんや!!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

履歴書をワードなど、PCを使って作成するべきか、手書きするべきか、みんな悩むところですよね。

実は現在、諸事情があり履歴書をワードで書いてるんですが・・

ワードで書くと一瞬で終わりますね!!マジで!!

 

ってところで、ふと就活中に頑張って手書きで書いては誤字して、書いては誤字して、という感じで履歴書の書き込みに時間をかなり使っていた事を思い出しました。

 

まぁ当時も “こんなんワードで書いた方がいいだろ・・・” と思いつつも、万が一にもこれが原因で不採用になったらやだなぁーと思い手書きで書いてたんですよ。

 

で、実際のところどうするべきかについて。せっかくシーズンの真っ最中なので、就活を一度経験した身の一意見を述べようかと思います。

(正しいかも分からないんで、鵜呑みにしちゃダメですよ。参考程度。)

 

結論から言うと

 

自分が正しいと思うやり方で書けばいいんじゃない??

 

って思うんですよ。なんだよそれ答えになってないじゃないかって感じる人も多いかもしれませんが、、、

 

 

例えば、、、

 

パターン①

” 入社後、手書きで文字を書く機会も多いだろうし、会社側も履歴書の文字を一つの判断材料にするはずだから、履歴書は手書きで書こう !!!! “

 

パターン②

” 手書きの方が誠意が伝わるような気がするから履歴書は手書きで書こう !!! “

 

一方で、

パターン③

” 入社後、オフィスソフトを使う機会も多いだろうし、ワードで綺麗なフォーマットの履歴書を作ればそれを評価されるかもしれない。ワードで書こう!!! “

 

更にその一方で、

パターン④

” あんまり時間かけたくないし、誤字脱字とかやっちゃうと面倒だし、ワードで書こう!!! “

 

色々考えはあるかと思うんですが、別にどれも間違ってないと思うんですよ。

どのパターンにも共通して言えるのは、”自分で考えて選択している“という所です。

 

 

で、もちろん会社の採用担当の反応もまちまちだと思います。

 

ある採用担当は手書きを評価するかもしれないし、ある採用担当はPC入力で作った履歴書を評価するかもしれないし、ある採用担当はそんなのどっちでもいいかもしれない。

 

ちなみに自分は一度、面接官の方に

これみんな手書きで書くけど、ワードとかで書いた方が手っ取り早いんじゃない??

って言われた事あって、やっぱりそうですよね・・・ と思いました。笑

 

なので、分からない事を気にするよりは自分が正しいと思った方法で履歴書は書いた方がいいんじゃないかなと思います。

 

たとえ、それで結果不採用になったとしても、自分の過ちというよりも、自分の考え方と相手の考え方が合わなかっただけですし・・。

 

 

それこそ例えばですよ(また例え話になってしまいますが)

手書きで文字を書く事がほとんどないプログラマーとかの募集で、手書きで履歴書を書いた人しか採用しない企業があったとしたらどうですか??

 

失礼ですが自分は 時代に沿った考え方が出来ない企業なんだな って思っちゃいます。

 

だって、ワードで書いた方が、時間も短縮出来るし、綺麗な履歴書が出来上がるし、何も問題ないじゃないですか・・・

 

で、結果、ワードで履歴書を書いたせいで落ちたとしても

 

そんな凝り固まった考えしか出来ないIT企業なんて未来がない!!! こっちから願い下げだ!!!

 

くらいの考えで、前向きに、落ち込む必要はないんじゃないかと。

 

だって、

 

“効率化のためにワードで履歴書を作成した自分”

 

 

“手書きの履歴書しか受け付けないIT企業”

 

に入社したところで、絶対ミスマッチだと思うんですよ。

会社の方針とか体制に絶対ストレスが溜まってくると思います。

 

 

 

 

とまぁ長々と書きましたが、何が言いたいかと言うと

 

履歴書の作成に限らず、就活全般に関してですが、

 

自分が正しいと思い、納得する方法でやってみて、それでダメだったなら、それは自分が間違っているんではなくて、自分と相手(企業)のミスマッチだったんだ。

 

という風に、前向きに考えていった方がいいんじゃないかなっていう事です。

 

 

もちろん、敬語がちゃんと使えてないとか、服装が乱れてるとか、そういう基本的な所はクリアしている事が前提での話ですがね。。間違っても、そのような事がクリア出来てないのに不採用になって、自分とこの企業はミスマッチだったな・・・ なんて思ってはいけませんよ笑

 

 

そんな感じで、珍しく真面目なお話でした。最後までお読みいただきありがとうございます^-^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。